拝啓 安倍晋三殿

拝啓 安倍晋三殿

今年の夏は例年になく酷暑のようで、
安倍氏におかれましてはご清栄のこととお慶び申し上げます。
この暑さで選挙戦では何かとご苦労のこととは思います。
この度の参議院改選におきましては、
自民・公明の圧勝劇が予想されています。
支援する側にとっては嬉しい限りでしょう。
無党派層は棄権に廻る公算が大で望み通り投票率は
上がりそうもない状況です。
選挙候補者の応援にも余裕を持って臨むことができ、
さぞかし心躍る日々をお過ごしかと存知申し上げます。
衆参のねじれもようやく解消され、憲法改正や原発利権の推進、
官僚の天下り推進、国土強靱化によるゼネコンの復活、
米国へのより一層の隷属化、上納金の上乗せも軌道に乗せることができ、
また国民の消費税負担増や社会保障費の負担という犠牲もいとわない、
美しく素晴らしい国民性の後押しもあって、
政権担当の間ではアベノミクスの三本の矢も、
その役目を全うしそうな勢いですね。
前回での参議院選挙時では大敗を喫し、
政権を突如放り出されましたが、
万が一今回でもそうなっても、公邸に住まわれなくても、
ご気力が回復され、
精神的にもお強くなられているので心配はしておりませんが、
ここで一つ約束してもらいたいことがあります。
ねじれが解消されなくても、逃げることはせず、併せて大勝後、
派閥の争いがあっても正面切って、問題解決に当たって欲しい。
国民の負担を和らげ将来の生活不安解消だけは、
守って欲しいと存知ます。
原発再稼働は国家百年のエネルギー政策としては、
かなり問題があります。
核兵器をつくるならともかく、最終処分もままならならず、
汚染水を海に垂れ流す状況のなか、
国民には不安の増大ばかりが迫ってきます。
所得が上がるのは大企業の一部だけで、
ほとんどの国民には恩恵はありません。
最期のお願いなのですが、日本国憲法のレールは守り、
周辺諸国との摩擦を避け、包容力のある対応をされ、
国の安寧を保証していただきたくおねがい申し上げます。

敬白

 

KURAさん

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s