The way to win Youtube by a golden rule.

The way to win Youtube by a golden rule.
After a blog and a blog magazine are published at USA, 14 years.
In Japan, 10 years.
Meanwhile in google, youtube, twitter, facebook and Line.
I also help with the spread of a determinative social communication tool.
I have come at the time also to reorganize the leaving location of the mass media.

To form the mainstream out of personal media from now on in it?
A blog and the blog magazine which evolved more.
It’s pushed towards SNS of a short form chat for a while, a touch.
I don’t get away in the mainstream.
And it’s an animation site as youtube to color those by far the most.
I have to take something by myself by an animation site.
I often stick to a threat concept, but there are no such things.
A portrait right problem on the taken side would be all right.
In short it’s here to make a picture of the perfect original by oneself.
Then, it’s enumerated in the following how to do.

1) even if I say an animation, not something which should be taken, but the picture selected carefully is album-ized and it’s made a movie file.
2) 150000 songs of music of royalty free is also prepared, so it can be used in edit according to the movie.
It would be better to acquire basic image conversion by draw software as an illustrator of 3)Adobe. Or free image processing software, it can be handled.
4) when there is something written by oneself, the picture for which time was in time is considered.
5) there is also a hand as a narration, but when it’s possible, a novel will make the page I tend to read with a slide movie. And free music is put in. The picture-card show-like method isn’t also bad.
6) it’s better for there to be at least 20 by a slide movie. Because a screen of 10 second is indispensable visually from 5 seconds.
It’s excellent, so the edit software of 7)youtube is worth trying it out.
8) I’ll take great pains over the title. An audience isn’t attracted by an easy headline.
9) a copy of a life ana and a usual proposition is prepared.
10) advertising revenue can expect that access increases.
11) the layout which obeys golden rule 1:1.618.

A good work is made of a form of device, so you’ll try, too.
黄金律でYoutubeを極める方法。
ブログやブログマガジンが米国で世に出てから14年。
日本では10年。
その間、google、youtube、twitter、facebook、Lineなどの、
限定的なソーシャルコミュニケーションツールの普及も手伝い、
マスメディアの立ち位置も再構築する時期に来ています。

そのなかで今後、個人メディアで主流を形成するのは、
ブログ、そしてより進化したブログマガジンでしょう。
しばらく簡易型チャットのSNSに押され気味だったのですが、
主流にはなれない。
そしてなんといっても、それらを彩るのはyoutubeという動画サイトです。
動画サイトでは自分で何かを撮らなければという、
脅迫観念にとらわれがちですが、そんなことはありません。
撮られた側への肖像権問題は仕方がないでしょう。
要は自分で完全オリジナルの映像をつくることにあります。
では、どうすればいいか以下、書き連ねます。

1)動画といってもただ撮ればいいというものではなく、厳選した自分の写真をアルバム化しムービーファイルにする。
2)ロイヤルティフリーの音楽が150000曲も用意されているので、ムービーに合わせて編集で使える。
3)Adobeのイラストレーターというドローソフトでの基本的な画像変換の習得はしておいたほうがいいでしょう。もしくは、無料の画像処理ソフトも扱えるように。
4)自分で作曲したものがあれば、時間にあった映像を考える。
5)小説はナレーションという手もあるが、出来れば読みやすい頁をスライドムービーで作ってみる。それに無料の音楽を入れる。紙芝居的手法も悪くはない。
6)スライドムービーでは最低20枚はあったほうがいい。なぜなら、一画面5秒から10秒は視覚的に必須なので。
7)youtubeの編集ソフトは秀逸なので使ってみる価値はある。
8)タイトルには腐心してみる。安易な見出しでは視聴者を惹きつけません。
9)人生語録や日頃の提案のコピーを用意しておく。
10)アクセスが増えると広告収入が期待出来る。
11)黄金律1:1.618を遵守するレイアウト。

ちょっとした工夫で良い作品ができるので、あなたも挑戦してみましょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s