「はい、こちら2020東京五輪」(第七章:その二)

■「初めて読まれる方へ」■
・・・・・・小学生時代からの幼なじみである船橋君とは、偶然にも中堅の広告代理店の同期入社となる。その15年後、船橋君の長女みどり君は名門のプロテスタントの中高一貫校の学生になり、彼女は深田恭子似の絶世の美女に育っていた。僕は美大で油彩を学び、船橋君は六大学の商学部で学んだ。みどり君と僕はピュアな慕情関係となってしまった。僕の娘千鶴もみどり君の学校で一緒だが仲は余り良くない。それから数年後、2020夏季五輪の開催が東京に決定。すでに都庁に就職していたみどり君は五輪準備委員会のメンバーとなった。だが、東京に決定したとは言え、問題が次から次と津波のように押し寄せる。2020東京は本当に大丈夫なのだろうかと、この目で追い続けるのは、時代の証言者としての責務でもある。開催までの出来事とフィクションでのエンターテインメント性を織り交ぜながら話を進めていきます。・:・・・・

★目次・進捗状況★
「はい、こちら2020東京五輪」
<2015年~20208月の開催日まで継続予定です>
■[2015]第一章 透明慕情:その一~その四
■[2015]第二章 2020東京オリンピック開催決定:その一~その六
■[2015]第三章 1940-2020 歴史は繰り返す:その一~その八
■[2016」第四章から第七章(予定)
■[2017」第八章から第十章(予定)
■[2018」第十一章から第十三章(予定)
■[2019」第十四章から第十六章(予定)
■[2020」第十七章から第二十章(予定)
<登場人物>

・僕:中山正輝
・僕の妻:恵理子(野猿系)
・僕の長女:千鶴(野猿系)
・同僚:船橋真吾(イケメン系:代表権のないくろくま広告社社長)
・船橋くんの妻:美智子夫人(ハイソ系:くろくま広告社会長<実質的な経営者>)
・船橋くんの娘:絶世の美女:みどり君
・銀座マネキン嬢(昼は銀座通りのマネキン嬢、夜は銀座のサロン嬢:ユキ、ナオミ、サトミ、ミキ他。全員国立大出身のインテリ)
・安土城天守閣での時空を超えた歴史上の人物の面々。
・美大の後輩:安藤(アートディレクター、ソラミミスト:今東光似の毒舌家)
・くろくま広告社元会長:広瀬弘文(美智子夫人の父)
・銀座の若旦那衆他
・霞ヶ関官僚、国会議員他
・その他随増殖・・・

第七章 豊洲・五輪・利権トライアングル<2016>
<第七章:その一>
小池都知事が就任してはや三か月目を迎えた。リオのオリンピック、パラリンピックを終え、メダリストの銀座パレードが以前にも増して賑やかにとり行われてた。政情不安と金融不安の中でも、ボランティアの支援や予算不足の中での五輪の成功は見る人々に感動を与えていた。だが、主催者側での不祥事も多く、特にドーピング問題では、ロシアの陸上選手が出場不可となり、メダルの価値が半減したと言えなくもない。今度は、東京になるわけだが、豊洲市場移転が事実上不可能になり、五輪への影響も出てきた。競技場の開催地も予算での問題で変更になるようだが、IOCが許すかどうか。真夏に開催される2020はスタジアムに空調施設がない。どうして変えたのかはわからない。予算というのなら、元のままで良かった。今回は、吉祥寺の焼き鳥屋のいせやで大座談会を予定している。参加者はまだ言えないが、誰の発言かはご想像に任せます。

~追記~

<第七章:その二>

IOCのバッハ会長が来日し、日本側は釘を刺された格好だ。プレゼン通りに遂行しない日本側にキャッチボールとかたちで、アドバイスをしている。競技会場での右往左往や五輪に連動する豊洲の件も難問である。このい一か月で結論をださなければならない、小池知事も大変だ。みどりくんは近頃八時で退庁する日々が続いている。電通も強制捜査でんやわんやのようだ。
一方米国では、メディアのほとんどがクリントン支持、ドナルド・トランプ不支持の情勢のなか、三回目のTV討論会も痛み分けといったところか。ドナルド・トランプ氏が敗退、ヒラリー・クリントンが勝利。本選でもクリントンが圧勝。ブックメーカーでもクリントン勝利になっているだろう。しかし、まともな政策や理念が蚊帳の外で行われたTV討論は、クリントンらしからぬ姿勢であったことは排除出来ない。オバマ政権の失われた八年があと八年も続く悪夢も、支持者は覚悟のうえなのだろう。ビル・クリントンが二期八年の間ファーストレディとして、オバマ政権第一期では四年間の国務長官、そして今回当選すれば今後四年ないしは八年の在職になり、そうすると最大で二十年間ホワイトハウスに君臨するわけだ。そういう長い期間でも一向に米国はチェンジできないし、経済回復や格差是正・難民問題・紛争解決も、出来なくなる可能性は高い。オバマ氏は戦後では最悪の大統領といわれている。
その後釜に異を唱える有権者はごく普通の考え方というべきだ。ドナルド・トランプ氏の過去のセクハラを今になって暴露とは不自然ですし、クリントン陣営が何らかの入れ知恵や捏造も考えられなくもいない。
ウォール街の1%の富の牙城を崩されてはたまらない既得権益に、群がる既成の政治家集団(民主党・共和党)はドナルド・トランプ氏の改革におびえているのかも知れない。日本の坂本龍馬氏のように米国を洗濯しようという姿勢に・・・。大統領選でドナルド・トランプ氏が狙っているのは、クリントン側の圧勝を全メディアが報じ、有権者がクリントンはもう安泰だと油断し投票所に行かなくなり、投票率が下がる、その結果、ドナルド・トランプ氏が選挙を有利に進めることは容易に想像できる
ドナルド・トランプ氏は実業家だったので、ヒラリークリントン氏の政治経験豊富なプロの政治家とまともに応酬したら化けの皮がはがれてしまう。それならば、討論会の内容を低俗化させ、まともな議論はなるべくさけることが賢明だったというべきだろう。僕がドナルド・トランプ氏の戦略PRの責任者ならそういうスタンスもありえる。日本のマスコミは米国の一部の報道しか公表しないから問題外だ。
確実に言えるのは、ディベートで相手の敵失で有頂天になった姿は、有権者のヒラリー離れに、拍車がかかり、ウィキリークスのメール暴露でウォール街での極秘講演記録が流出したのは大きな痛手になるということだ。若者の大半はヒラリーには一票を投じないだろう。NYタイムズはクリントンの支持をを打ちだしているが、代表議員の過半数である270議席の確保が確実視されているかのような報道で、ヒラリー陣営の有権者は安心仕切って投票にはいかないことも十分ありえることです。サンダース氏支持者はヒラリー・クリントンには投票しないかもしくは棄権し、ドナルド・トランプ氏に票を入れることも十分考えられるのだ。

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s